若手・女性研究者支援ワーキング・グループ

本ワーキング・グループは2011年2月13日の理事会で設立が承認されました。日本経済学会の若手・女性支援を自ら行うとともに、会員の活動をコーディネイトしていきます。会員の声をききながら、効果的な活動を模索していきます。

 

2017年春季大会

       託児所が開設されます。 託児所情報サイト 大会託児サービス運営委員会: 松井彰彦(東京大学・委員長)・大垣昌夫(慶應義塾大学・副委員長)・筒井義郎(甲南大学・書記)・東三鈴(千葉経済大学)・荒渡良(名古屋大学)・亀坂安紀子(青山学院大学)・木下信(龍谷大学)・小塚匡文(流通科学大学)・佐々木百合(明治学院大学)・芹澤成弘(大阪大学)・土橋俊寛(大東文化大学)・友田康信(神戸市外国語大学)・船木由喜彦(早稲田大学)・青木芳将(立命館大学・ローカル委員)・青野幸平(立命館大学・ローカル委員)・

2016年秋季大会

       託児所が開設されました。大会託児サービス運営委員会:松井彰彦(委員長)、青木玲子(九州大学)、東三鈴(千葉経済大学)、大垣昌夫(慶應義塾大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、上田貴子(ローカル委員)、船木由喜彦(ーカル委員)

       チュートリアルセッション:若手・女性研究者のための特別セッション」

担当・座長: 井深陽子(慶応義塾大学)

1. 安田洋祐(大阪大学)研究とメディア活動を両立するための3つのコツ

2. 澤田康幸(東京大学)実証経済学における共同研究と発信について

3. 上田貴子(早稲田大学)若手研究者に対するアンケート調査結果のフィードバック

   アンケート調査報告書

 

2016年春季大会

       託児所が開設されました。今回から独立した大会託児所サービス運営委員会が運営しました。大会託児サービス運営委員会:三輪和雄(委員長)、青木玲子(九州大学)、東三鈴(千葉経済大学)、大垣昌夫(慶應義塾大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、荒渡良(ローカル委員)、中村さやか(ローカル委員)、根本二郎(ローカル委員)

 

2015年秋季大会

     託児所を運営しました。 託児所情報サイト 大会託児サービス運営委員会:大垣昌夫(慶應義塾大学)、東三鈴(千葉経済大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、竹内 明香(ーカル委員)小阪 みちる(ーカル委員)、蓬田守弘(ローカル委員員)、青木玲子(九州大学

     特別セッション (担当 井深陽子(東北大学)、臼井恵美子(一橋大学)、大野由夏(北海道大学),内藤徹(徳島大学))

(1)   Referee letter について、役割、書き方、読み方:古澤泰治(一橋大学)

(2)   科研費の種類と活用の仕方: 芹澤成弘(大阪大学)

(3)   科研費応募資料の書き方: 安部由起子(北海道大学)、上田貴子(早稲田大学)

 

2015年春季大会

     託児所を運営します大会託児サービス運営委員会:大垣昌夫(慶應義塾大学)、東三鈴(千葉経済大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、長谷川雪子(ーカル委員)、青木玲子(九州大学) 託児所情報サイト

     特別セッションの予定はありません。2015年秋大会に開催する予定です。

 

2014年秋季大会

     託児所を運営しました。大会託児サービス運営委員会:大垣昌夫(慶應義塾大学)、東三鈴(千葉経済大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、江副憲昭(ーカル委員)、青木玲子(一橋大学

 

2014年春季大会

     特別セッション (担当 臼井恵美子・松井彰彦・土居潤子・内藤徹・猪俣賢太郎・樋口篤志

1.”Broadening Active Participation in the Field of Economics” Dr.Kelli Craig-Henderson (NSF東京事務所所長・Howard大学教授) 

2.「研究資金獲得について 矢野誠教授(元日本経済学学会会長・京都大学経済研究所) 

 

     託児所を運営します。詳細はこちらから大会託児サービス運営委員会:大垣昌夫(慶應義塾大学)、東三鈴(千葉経済大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、八木(ーカル委員)、青木玲子(一橋大学

 

2014年 英語報告研究会とメンタリングWS

     アメリカ経済学のメンタリング制度CeMENT元幹事のTerra McKinnish Colorado大学教授を迎えて一橋大学(52324日)、大阪大学(527日)で行われました。プログラム等はEvents HP からアクセスできます。

 

2013年秋季大会

     ネット・ワーキング・イベント 前夜 (913) 19:00-21:00 横浜駅近辺 (担当 大野由夏)

Japanese Women Economists Network (J-WEN) 主催 日本経済学会後援 登録サイト

 

     若手女性研究者のためのメンタリング・ワークショップ 学会初日914日) 12:50−14:50、神奈川大学7号館5階、7−53教室、 担当 グレーヴァ香子) Japanese Women Economists Network (J-WEN) 主催 日本経済学会後援 詳細情報

 

     パネルディスカッション 2日目(915日) 14051550 会場7-21(担当 小原美紀・梶井厚志)

1.論文投稿のイロハ 第2弾   渡部敏明(一橋大学)

2.大学教員の任期制について   大竹文雄 (大阪大学)

3.イクメン研究者の研究生活   松井彰彦 (東京大学)

パネリストへの質問募集のご協力ありがとうございました。

 

     託児所を運営します大会託児サービス運営委員会:大垣昌夫(慶應義塾大学)、東三鈴(千葉経済大学)、芹澤成弘(大阪大学)、土橋俊寛(大東文化大学)、外木義美(ローカル委員)、森泉陽子(ローカル委員)、青木玲子(一橋大学) 託児所情報サイト 「子連れ参加情報」(レストラン、売店など)も同サイトにありました。

 

2012年秋季大会

 

     パネルディスカッション108日午後)を行いました。 パネリスト:大垣昌夫(former editor of JMCB),古沢泰治(editor of JER.(担当 小原美紀・梶井厚志)

     託児所を運営しました。大会託児サービス運営委員会(矢野誠・松尾美紀・広瀬恭子(ローカル委員)・青木玲子)。

     ネット・ワーキング・イベント10月6日19:00-21:00 博多駅近辺 担当 益村眞知子・安部由起子)Japanese Women Economists Network (J-WEN) 主催 日本経済学会後援 登録サイト

     女性経済学者のためのメンタリング・ワークショップ108日 朝8:00-9:00、九州産業大学2号館3階2W305、 担当 グレーヴァ香子) Japanese Women Economists Network (J-WEN) 主催 日本経済学会後援 詳細ポスター  登録サイト

 

メンバー 原千秋(以上 日本経済学会 渉外担当理事) 青木玲子 安部由起子 大野由夏 グレーヴァ香子 臼井恵美子

 

連絡先 青木玲子 reiko_aoki669k@jftc.go.jp

 

リンク

Japanese Women Economists Network (J-WEN) 

Updated 12 March, 2017