日本経済学会・石川賞

故石川経夫東京大学経済学部教授は惜しくも51歳の若さで1998年6月に逝去されました。その際に故人の業績を経済学界に生かす事業を進めるため、故人の関係者や教え子を中心に基金を募り、この資金を基にして「石川経夫基金」という名称の下に運営委員会が設けられ、故人の業績を邦文および英文で広く紹介する事業等が行われて来たところであります。そして今般故人が長年にわたってその発展に努力した日本経済学会にこれを寄付し、故人と関係の深い分野での経済学研究上の貢献に対して賞を与えることが運営委員会から提案されました。

日本経済学会は2004年9月総会においてこの提案を受け入れ、故人の日本経済分析への多大な貢献を記念して「日本経済学会・石川賞」を創設することが決定されました。その詳細は以下の通りです。

授与概要

項目 説明
名称 日本経済学会・石川賞
授賞対象 実証面や政策面を中心に優れた経済学研究を行った日本経済学会会員(個人)を対象とする。特に、日本の経済・社会問題の解決に貢献する研究を重視する。
年齢制限等 授賞決定時(石川賞が授与される年の前年12月31日時点)に50歳未満であること。 「日本経済学会・中原賞」受賞者は対象としない。

日本経済学会としては、故石川経夫教授の日本の経済・社会問題についての優れた業績を引き継ぎながら、新たな分析の地平を開き経済・社会問題の解決の指針を示す業績が輩出することを願い、「日本経済学会・石川賞」をここに創設するものです。

2004年10月 日本経済学会会長 伊藤隆敏

受賞者一覧

受賞年 氏名 所属(受賞時)
2006年 大竹文雄 大阪大学
2007年 齊藤 誠 一橋大学
2008年 岩本康志 東京大学
2009年 福田慎一 東京大学
2010年 宮尾龍蔵 神戸大学
2011年 澤田康幸 東京大学
2012年 玄田有史 東京大学
2013年 柳川範之 東京大学
2014年 大橋 弘 東京大学
2015年 塩路悦朗 一橋大学
2016年 川口大司 東京大学
2017年 清田耕造 慶應義塾大学

ホーム > 学会賞 > 日本経済学会・石川賞

情報領域

学会賞

English